メインメニュー
LINK
follow GTHcom
  
投稿者 : GTH.COM STAFF 投稿日時: 2018-04-02 07:49:19 (155 ヒット)

GOMES_P9120872

GOMES THE HITMAN 13年ぶりのCDリリース決定!

『SONG LIMBO』2018年7月25日発売


7年の休止期間を経て、2014年からライブ活動を再開したバンド「GOMES THE HITMAN」が、2018年夏、結成25年の節目に『ripple』(vap/2005年)以来13年ぶりの新録音作品をリリースします。来年のメジャーデビュー20周年を前に現在進行形のバンドが奏でます。タイトルは『SONG LIMBO』ーーLIMBOとは天国と地獄のあいだにある“辺土”を意味します。ここに収められた楽曲群はこれまで正式リリースの日の目を見ないまま“辺土=LIMBO”をさまよった言葉とメロディたち。ついに解き放たれる季節の歌たちをお楽しみください。

すべての楽曲は1990年代から2000年代前半に山田稔明によって書かれた未CD化楽曲。2000年代前半にCDR作品『SONG LIMBO』として発表された現在入手困難なレア楽曲群に、バンド最初期の重要曲「北の国から」「スプリングフェア」などを加え、春夏秋冬、四季を駆け抜けてゆくGTH流の“カレンダー・ソングス”です。2018年2月から4人のメンバーのみで楽器や機材を持ち寄って制作、山田稔明(ボーカル/ギター)、堀越和子(キーボード/コーラス)、高橋結子(ドラム/パーカッション)、須藤俊明(ベース)は録音とミックスも担当する。GOMES THE HITMANがレコーディングを行うのは2005年以来13年ぶり。アルバムジャケットのイラストはロンドン在住のイラストレーターGrace Helmerが担当。

『SONG LIMBO』収録曲のなかから「スプリングフェア」を公開します。1995年に作って、一昨日録音して、今日ミックスした曲です。




オフィシャル通販STOREにて特典CDRつきのプレオーダー受付開始しました


GOMES THE HITMAN『SONG LIMBO』(GTHC-0013)
2018年7月25日(水)発売/価格 3000円(税込)


<収録予定曲>
way back home
晴れた日のアスリート
虹とスニーカー
山で暮せば
世紀末のコロンブス
黄昏・夕暮れ・夜明け
恋の見切り発車
桃色の雲
churchbells ringing
スプリングフェア
北の国から
晴れ男と雨女

*全12曲/曲順未定



<CD発売記念ライブ決定!>

2018年7月8日(日)@ 恵比寿 天窓switch
GOMES THE HITMAN LIVE 2018 “SONG LIMBO SPECIAL”

17:30開場 18:00開演/前売4000円(ドリンク代別途)
出演:GOMES THE HITMAN

2005年『ripple』以来13年ぶりのリリースとなる『SONG LIMBO』、
四季折々の歌を現在進行形のGOMES THE HITMANが奏でます。
もちろんアルバムの先行発売も。どうぞご期待下さい!
*4月9日(月)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて申込受付開始

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887

gomes-portrait


GOMES THE HITMAN(ゴメス・ザ・ヒットマン)
1993年に東京外国語大学の音楽サークル内で結成され、1999年にメジャーデビュー。 風景描写と刹那的心情を日本語歌詞と多彩なアレンジで普遍的ポップスに昇華するバンド。2005年のアルバム『ripple』に収録された「手と手、影と影」がジャックスカードのCM ソングに起用され、知名度を上げた。長い冬眠時間を経て2014年からライブ活動を再開。2019年12月にニューアルバムを発表することを公言するなか、結成25周年の今夏、13年ぶりの新録音未発表曲集『SONG LIMBO』をリリースする。(band portrait by Grace Helmer)


投稿者 : GTH.COM STAFF 投稿日時: 2018-04-02 07:44:10 (62 ヒット)

山田稔明3rdアルバム『新しい青の時代』、

リリースから5周年を記念して限定アナログ盤をリリース!

LP_record

LP_中面


2013年に山田稔明ソロとして初の全国流通作品として発表され、山田稔明の最高傑作と各方面から評価の高い3rdアルバム『新しい青の時代』。今でもライブのセットリストでの重要楽曲を多く含む色褪せない作品ですが、そのリリースからの5周年を記念して限定アナログ盤の制作が決定しました。バンド時代含めて山田稔明にとって初めての、待望のLPレコードとなります。

2012年に映画『ナナとカオル 第2章』のための主題歌として書かれた「あさってくらいの未来」をボーナストラックとして全11曲が収録された『新しい青の時代』は、本来シンメトリーな10曲で完結することが想定されたレコードでした。さらにはイラストレーター福田利之によるオリジナルのアートワーク(CD制作時には“ある事情”から一角獣の姿が隠されたのです)を使用した、見開きダブルジャケットによるスペシャルパッケージに包まれて、2018年夏、<新しい『新しい青の時代』>が誕生します。

今回山田稔明自身のキャリア初の試みとして、音楽専門クラウドファンディング TWIN MUSICと提携して「クラウドファンディング」、皆さんからの力をお借りしてプロジェクトを進めたいと思います。ずっと夢見てきたアナログ盤のリリース、妥協せずわがままを通したいと思いました。どうか心強いサポートをよろしくお願いします。(文責:山田稔明)


TWIN MUSICサイトでクラウドファンディングに参加



山田稔明『新しい青の時代』アナログ盤

2018年7月25日 発売/GTHC-0012/価格 3500円(税込)


blue_analog_jacketsideA
1.どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと
2.一角獣と新しいホライズン
3.光と水の新しい関係
4.予感
5.平凡な毎日の暮らし

sideB
1.月あかりのナイトスイミング
2.やまびこの詩
3.光の葡萄
4.日向の猫
5.ハミングバード


all songs written and
produced by Toshiaki Yamada
originally released on July 7, 2013







<『新しい青の時代』再現&アナログ盤発売記念ライブ決定!>

2018年7月7日(土)@ 恵比寿 天窓switch
山田稔明『新しい青の時代』限定アナログ盤発売記念
夜の科学 vol.54 - 新しい青の時代 revited

出演:山田稔明 with 夜の科学オーケストラ
18:30開場 19:00開演/4000円(ドリンク代別途)

2013年の自身最高傑作『新しい青の時代』リリースから
5周年を記念して限定アナログ盤をリリース、その発売記念イベント。
アルバム完全再現を含むスペシャルな内容でお届けします!

チケット先行予約は本日よりクラウドファンディングサイトTWIN MUSICのHPにて受付開始
4月9日(月)21時よりオフィシャル通販STOREチケットセクションにて一般発売受付開始

恵比寿 天窓 switch
〒150-0013渋谷区恵比寿3-28-4 B1F
TEL 03-5795-1887


投稿者 : GTH.COM STAFF 投稿日時: 2017-08-21 12:10:34 (393 ヒット)

2015年7月7日に発表した『the loved one』は小説『猫と五つ目の季節』と連動する、愛猫ポチに捧げたアルバムとして、6曲の猫の歌で構成された作品です。「my favorite things」「猫町オーケストラ」、高野寛さんのギターが軽快な「太陽と満月」と今やライブのセットリストには欠かせないポップな曲が並ぶ一方で、近藤研二さんによる室内楽的アレンジが光る「ポチの子守唄」や「些細なことのように」といった心震わせるバラードも収録した充実した作品です。好評を持って迎えられ、在庫完売のため長らく手に入りにくい状態になっていましたが、2ndプレス盤が間もなく刷り上がり、今週末のライブから物販での販売を再開します。

あわせてオフィシャル通販STOREにも再入荷、ご購入いただけるようになりました。期間限定で特典CDR「ポチの子守唄(2014 July ver.)」を同封してお送りします。これは愛猫ポチが亡くなった翌月に録ったデモで、『the loved one』収録のバージョンとは風合いのことなるささやかなフォークソングです。『the loved one』はあたかも小説『猫と五つ目の季節』のサウンドトラックのように響きます。この機会に山田稔明の本と音楽を一緒にお楽しみいただければと思います。



<“愛されたもの”に捧げるラブソング集>

山田稔明『新しい青の時代』以来2年ぶりとなる新録作は様々な形の“愛”で構成された
珠玉のラブソングアルバムになりました。“the loved one”というタイトルはイギリスの
小説家イーヴリン・ウォーの「愛されたもの」からの引用ですが、ここに収められる歌
すべては“愛されたもの”に向けて歌われます。好きなものを好きだと宣言し続けることが
2015年という今の季節を暮らすなかで一番ポジティヴな意思表明のような気がして胸を
張ってこのレコードを作りました。


the loved one/山田稔明

(GTHC-0007/税抜2,000円/2015年7月7日リリース作品)

1.my favorite things
2.太陽と満月(feat. 高野寛 on guitar)
3.ポチの子守唄(編曲 近藤研二)
4.些細なことのように
5.small good things
6.猫町オーケストラ(album mix)

all songs written by toshiaki yamada
produced by toshiaki yamada
art work by ichio otsuka

紙ジャケット仕様 歌詞カード付き


オフィシャル通販STOREで『the loved one』を購入


投稿者 : GTH.COM STAFF 投稿日時: 2017-08-18 12:42:32 (335 ヒット)

7月27日になった『小説幻冬』8月号(幻冬舎刊)に山田稔明が書き下ろしエッセイ「三毛猫ポチ実はかく語りき」を寄稿しました。特集「猫だからね」ということで、豪華執筆陣による猫愛に溢れた一冊。

全国の書店でお求めください。必読です!


投稿者 : GTH.COM STAFF 投稿日時: 2017-08-18 12:39:00 (308 ヒット)

plectrum

GTH_2015


2017年10月18日(水)@下北沢CLUB Que
CLUB Que Shimokitazawa Twenty-third Anniversary[THE TOKYO 23]
PLECTRUM presents “Boys Don't Cry 6”


18:30開場 19:15開演/前売3300円 当日3500円(1ドリンク代別途)
出演:PLECTRUM [高田タイスケ、藤田顕、千ヶ崎学、森信行]
GOMES THE HITMAN [山田稔明、堀越和子、盒況觧辧⊃榮俊明]

イープラスライブポケットローチケ

9月9日のスターパインズカフェ公演では整理番号の若いチケットを販売予定。詳細はまた追ってお知らせします。

下北沢CLUB Que
〒155-0031世田谷区北沢2-5-2ビッグベンビルB2F
TEL:03-3412-9979


(1) 2 3 4 ... 23 »
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET